サークルのクリスマス会

17日、サークルのクリスマス会を小さなお店を借り切ってやった。このお店は誰でも出入り自由の不思議な空間でこういうときには利用させていただく。もと、うどん屋だったので、皆が食べる同じ場所に調理場もあり、食器もそろっている。

今回、13名の参加だった。
  
餅つき機で餅をつき、視覚障がいの人、盲難聴、ろう弱視の人達と賑やかに餡餅をつくった。(つくりながら口のなかに入れている人が...)、ちぎり餅を大根おろしで食べ、中華風ちまきをアルミホイルに包み、家で焼いてきたスポンジケーキに飾りつけをし、障がいのある、なしに関係なく、皆でワイワイと言いながら楽しく準備ができた。

盛り付けができ、座ったときは、おなかが一杯になった人もいたようだが、散らし寿司、中華風ちまき、冬瓜の澄まし汁、サラダ、漬物、そして、デザートにケーキとクッキー。全て手作りだ。最後にプレゼント交換、飛び入りでギターをかかえてプロなみの人が来てくださり、歌を歌ってくださった。

最初から最後まで、音声通訳、手話、指点字が飛び交っていた。手話を全く知らない近所のおばあさんが聴覚障がいのひとに付いてくれたが、ハートで伝わっているように思えた。

翌日、電話で、盲難聴の人が

「生まれて初めてお餅をまるめた。自分でできた。ちまきもアルミホイルに包んだ。楽しかったしおいしかった。」と

私はサークルの責任者という立場にいると、悩みがない訳でもなかった。しかし、今、私が頑張らなくても皆の心が同じ方向に向いているように思える。

また、ホームドクターの紹介してくださった本も私には必要なものだった。ものの見方、捕らえ方...読み進むにつれて私に必要なことがらがわかってきた。読み終わるのにはもう少し時間が必要だが、1月に検査に行った時、本を紹介してくださったお礼を言いたいと思っている。





  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 大久保

    クリスマス会、楽しくて、美味しくてよかったですね。私たちのNPOでは明日、忘年会を行います。例年、どこかに泊まりこんで行うのですが、今年は代表でもあるE先生宅で一品持ち寄り形式のアットホームなものになりそうです。
    2006年12月20日 06:28
  • kyoukotan1951

    大久保さん、このシーズンはクリスマス、忘年会と忙しいですね。でも皆で集まってワイワイガヤガヤは楽しいものです。明日、どんな会になるのか?楽しんでください。くれぐれも飲酒運転をしませんように。
    2006年12月20日 22:18
  •  手話を全く知らない近所のおばあさんが聴覚障がいの人にハートで伝えるとか、生まれてはじめてお餅やちまきをつくったという感動の電話があったとか…、あなたの周りには奇跡がいっぱいですね。あなたが企画したのですか。
     いつでもいいのですが、本の感想ブログに載せてください。楽しみにしています。
     わたくしはクリスマスは、何もありません。友人達と望年会はしますけれど…。
    2006年12月20日 22:54
  • kyoukotan1951

    企画はサークルのメンバー全員でしました。しかし、言い出しは、ろう弱視の方です。その人がケーキ、クッキーを作って持ってきました。もちろん送迎は、サークルのメンバーですが、今、新たに送迎ボランティアが立ち上がりそうなので、そのグループとの話し合いが来年あります。また、もち米は、メンバーの1人の人の田で収穫されたものです。お金をかけない持ち寄りのクリスマス会でした。
    真さんの望年会いかがでしたか?
    2006年12月23日 09:17

この記事へのトラックバック