後期高齢者医療制度説明会

画像

モミジのかわいい種(写真)

役場の福祉担当の方に17日視覚、聴覚障がいの人達に対して後期高齢者医療制度について説明会を開いていただいた。

サークルの人達と当日までに後期高齢者医療制度のパンフレットを参考に5人分を点訳をした(点字用紙75枚)。このことは役場の担当者に伝えていなかったが、当日部屋に入ると机の上に視覚障がいの人達が読むことのできない普通のパンフレットがきれいに並べられていた。

5人に点訳したパンフレットを配るとすぐに読み始めてくださった。

手話通訳は資格を持っている手話通訳士の方を役場から依頼していただいた。(2人の通訳士の方が船に乗ってきて下さった)

最初は自己紹介だったが、問題発生。手話が通じない w(☆o◎)w きれいな型にはまった手話だ。1つの手話が通じなければ、すぐに他の手話に置き換えれば良いのだが……

半ば過ぎ、聴覚障がいの人が通訳士の方に向かって何か言っている。

「あなたの手話は下手でわからない。もっと手話の勉強をして下さい」と……   (ΘoΘ;) 手話でそういう表現をしていたが、その人が伝えたいことは、もっと自分達と付き合って自分達の手話を身につけて欲しいということだがそれが伝わっただろうか?

質疑応答のかたちで会は進められた。なかなか中味の濃いものだった。

会が終り、会を主催する側は、会に出席する視覚障がいの人には何が必要かと考えることのできる配慮、また、手話通訳士は難しい国家試験に受かり、それを仕事だけに活かすだけでなく、大変なことだが聴覚障がいの方と普段の生活の中で少しでも関わりを持ち、共に行動する中で聴覚障がいの人に伝わる手話を身に付けて欲しいと思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • TORA

    お久しぶりです。しばらくプログの更新が無かったので、体調を崩されたかと心配してました。元気そうで良かったです。さて、一口に聴覚障害と言っても、十人十色。手話にも方言や、癖がありますよね。日本語は、「私、僕、うち、わて、わい、俺」すべて、自分を表す言葉。手話の表し方はひとつ。また、「まずい」の言葉は解らなくても、「おいしくない」は解るなど、年齢や、生活環境によって、手話や日本語の理解度が違うのも事実。その人それぞれに、解る手話通訳をするのは、並大抵のことではない。そのことが、手話通訳士に伝わるといいですね。なにわともあれ、点訳などの下準備お疲れ様でした。これからも、体に気をつけて頑張ってください。
    2008年06月19日 20:35
  • kyoukotan1951

    TORAさん、そうなんですよね。手話通訳士の通訳を見ていて、大勢の人を前に舞台での通訳でなく、目の前の2人に通訳をするのだからわからないと言われた時点で手話表現を切り換えて欲しかったです。今まで遠慮してわからなくてもわかったようにして座っていたYさんが自分の意見を言うことができたことに私は拍手でした。
    2008年06月19日 22:07
  • 大久保

    建築士の資格を受験するためには、学科だけではなく二年間か三年間の実務が条件としてあります。手話通訳士の試験も、例えば二年間の聴覚障がいの人たちとの交流を義務づけるとか、条件をつけた方がよいと思いますね。

    車いす体験でも、ただ単に車いすの扱い方を体験させるだけでは何の意味もありません。やはりその方の生活を理解した上での体験でないと…。
    2008年06月20日 11:12
  • kyoukotan1951

    なかなか難しい問題ですが、今の資格重視には時々疑問を感じることが多くあります。難しい試験に受かるには大変な努力が必要で、私はその努力は尊敬するのですが、大事なことが忘れられていると感じることがあります。
    2008年06月20日 21:53
  • かおたいま

    重い問題ですね。まったくの素人考えですが、役所の使う言葉は日常のものとは違うので疎通がうまくいかないのかも知れません。外国人への日本語指導の時にも感じることです。しかし、もっとも理解してもらわないといけない方々への説明会ですから大切なことですね。ご苦労様です。
    2008年06月22日 10:35
  • kyoukotan1951

    パンフレットを点訳しながら、専門用語が多く、もっとわかりやすい説明のしかたはないのかなと思いました。
    手話通訳の方の通訳をみながらもう少し勉強をしてきて欲しかったなと思いました。
    2008年06月24日 09:11
  • きつわき

    単語や文法は知っているが話せない英会話のようなものでしょうか?

    解ってもらおうと思うとおのずと顔の表情やゼスチャーもついてくるから思いは伝わらないかな・・・?

    そんな簡単なことじゃないですね
    素人考えでゴメンナサイ
    2008年06月26日 00:46
  • kyoukotan1951

    きつわきさん、私は偉そうに言えないのですが、手話通訳の場合、日本語をきちんと理解していなければ、むつかしい言葉をわかるように置き換えて伝えることはできないと思っています。例えば「慈しむ」という言葉を説明するとしたら・・・何となくわかるけれど・・・ということが度々あります。それと、いろいろな知識も必要だと思います。今回若いあまり病院と縁の無い人だったので通訳がいまひとつだったのかもしれませんが、資格にとらわれず、解ってもらおうという熱意があればもう少し雰囲気が良かったのではないかと感じました。
    何でも責任があると大変だな、ご苦労様と思いました。
    2008年06月26日 09:28

この記事へのトラックバック