やまんば奮闘記

アクセスカウンタ

zoom RSS リードオルガン、エレクトーン

<<   作成日時 : 2012/02/14 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

画像

寒い時、モノクロとメグは重なりあって寝ている。問題はメグの3倍程あるモノクロが上になっていること。

昨年からリードオルガンで練習しているパッヘルベルの曲、まだ合格にならない<<o(>_<)o>>。

昨日のレッスン、両手はOK、しかし、足踏みオルガン(リードオルガン)の空気の入れ方に工夫が必要と言われ……。


エレクトーンは「主よ人の望みの喜びよ」を始めた。

先生に足鍵盤を両足ですると音が切れないと言われ……

そこで、パイプオルガンも教えているリードオルガンの先生にどのようにすれば良いかと聞くと

腰を回転させること、そして、腰を回転させている時も上半身は正面を向き、頭を動かさないのがポイント。

腹筋背筋ともかなり使う。腰で立ち、両足を懸垂することがポイントと言われ w(☆o◎)w 。

そして、エレクトーンの先生、できれば足のつま先とかかとで鍵盤移動といわれ・・・・・

足の短い私、椅子からずり落ちそうな姿が浮かび、想像すると笑いが〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
リードオルガン、エレクトーン やまんば奮闘記/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/10 00:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと前に「猫鍋」という、猫が鍋の中で丸くなっている写真集が流行しましたが、それに匹敵するぐらいの可愛さですね。でも、メグちゃん、重いでしょうに…。

楽器を弾くのも体力が必要なのですよね。バイオリニストでも腕の筋肉を鍛えてなければ、コンチェルトでもソナタでも弾けませんもの…。頑張って下さいね。
大久保
2012/02/16 12:31
大久保さん、メグとモノクロはとても仲がよいです

楽器、音楽、奥が深いです。腹筋、背筋・・・頑張ります
kyoukotan1951
2012/02/18 08:37
見た瞬間、何がどうなっているのやら・・・でした。なんとも気持ちよさそうですね〜

リードオルガンもエレクトーンもそれぞれに大変ですね。ホントに腹筋背筋、あらゆる筋力が必要なんですよね。
ステキな曲に仕上がるといいですね
おるがん太郎
2012/02/29 22:31
おるがん太郎さん、練習をしなくては・・・と思いつつも、練習するのはレッスンを受けた後、2〜3日だけ。後は気のゆるみで・・・。レッスン前になると慌てて練習・・・。気持ちを引き締めなくてはといつも反省です。
kyoukotan1951
2012/03/04 21:37
ずいぶん難しい注文ですね。ピアノの場合はそんなに考えずに弾いていますが・・・。筋肉といえば、先日ある場所で大学の柔道部の男性と腕相撲をして勝ってしまいました。まだ腕の筋肉が少しはあるようです。
かおたいまきしん
2012/03/20 18:38
かおたいまきしんさん、大学柔道部というと、筋肉マンですよね。腕相撲で勝つなんてスゴイ
リードオルガン、次々と教えられています。私はリードオルガンの音が好きです
kyoukotan1951
2012/03/20 21:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
リードオルガン、エレクトーン やまんば奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる