交流会(2)

交流会2日目はうどん作りをした。船に乗って全盲ろうの若い女の子、介助の人、弱視難聴の人も加わり賑やかに作ることになった。

場所は社協の調理室。実は、きちんとしたうどん作りを知っている人は誰もいな~い

スーパーでうどんの粉を買い、分量、作り方をみながらだ。そして、社協の事務局長が友達からソバ粉を調達してくださった。それこそ、だれも経験がな~い。

なんとかなるさ!

粉を練り、ゴミ袋が丈夫なので練った粉を入れ、上から思い切り踏み付け、皆、日頃のストレスを発散させた。おかげで、こしのある、うどん、ソバになったように思う。

ゆでている間、それぞれコミュニケーションをはかっていた。

そして、いよいよ食べる。ぶっかけうどんにし、皆、思い思いに具を乗せ(きざみねぎ、シソの葉、大根おろし、てんぷら、おろし生姜)食べた。

最初、ソバを口に入れた。オ イ シ イ !次にうどんを…これまた オ イ シ イ

皆、おかわりをしていた。

良かった!どんなものができるか、不安だっただけにとてもホッとした。

これなら家でまた作ろう!という人もいた。

皆で作ったものは本当においしかった!

作ったうどん、ソバの写真をろうと思っていたが、気付いたら食べた後だった。残念!

翌日、1日目の夜、いままで何回も会ったことがあり、外出も一緒にしたことがあり、気持ちが通じていると思っていた視覚障がいの人の食事介助をしていて感じたことを、高校生の女の子が来て、こう言った。

「食事介助するたびに、すまんな、すまんなの連発がとても悲しかった。私は、ありがとう、すまんな、を言ってもらいたいためにしているのではないのだけれど、あんなに何回もそういう言葉がでてくるのは、今の社会がそう言わせているのだろうな。私もその中の1人だけど、そういうことがなくなる社会をつくりたい。」と真剣に涙を浮かべて語った。

また、ある子は

「自分は友達、信頼関係があると思って介助をしていて、ありがとうの連発されると、信頼関係ができていないのかなという寂しさ、悲しさ、距離を感じて辛かった。」と…

"交流会(2)"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: