嬉しい言葉

梅雨に入り、雨の日が多くなってきた。 先日の家庭科の授業は「ビタミンC」の存在を知ろうというテーマで3~4人、8班に別れ、簡単な実験をした。 私からみれば、思うような実験結果が得られなかったと反省していたが、授業が終った時、ある生徒が 「今日の授業、楽しかった。家庭科は嫌いだったけど、好きになった。」 と、嬉しい言葉が返ってきた。 昨年9月から非…

続きを読む

交流会(1)

20日、21日、22日、島の盲難聴の人のお友達で全盲ろうの女の人と、その通訳として視覚障がいの男の人が東京からやってきた。その人は40代で突然に全盲ろうになった人だ。島には何回か来られたことがあり(サークルの人達が出会ったのは2年前)今回、大阪で全国大会があり、そのついでに島に来られた。 島は観光地なので観光する場所はたくさんあるが、まだまだとても暑く、全く見えない、全く聞こえない人と…

続きを読む

夏休み

学校が夏休みになると、塾はとても忙しくなる。田舎でノンビリ部活に頑張っていた高校3年生が部活も終わり大学受験に目覚めて勉強しはじめるからだ。 「もっと早くからやるように」と言っているが、効き目のあったことは一度もない。 このノンビリした、刺激のない島だから仕方がないのかもしれない。 そういう私もどちらかというとウロウロしているほうが多く…… この家で塾を始めた当時、外出時…

続きを読む

やまんばの思う教育(2)

昨日、高校3年生のKさんが原稿用紙15枚程のレポートを読んで欲しいと持って来た。推薦入試のため大学に提出するレポートということだった。 Kさんは小学生の頃から福祉関係に進みたいと思っていた。Kさんは私の塾に来ている。Kさんが中学3年の時、私の尊敬する先生のいる施設にボランティアに行くように勧めた。その先生の書いた本を私は数冊持っていたので、何冊か読んでもらい施設に行くかどうか決めてもらった…

続きを読む

中学1年生からのメッセージ

6月29日と7月7日計4時間、中学1年生の総合学習に出かけたが、今日、私が行ったコースの生徒達からの感想を担当の先生が持ってきて下さった。 今回は、「体験」することがテーマだったので、欲張った4時間にした。このカリキュラムを考えるのには、昨年、東京で受けた、盲ろう者向け通訳者研修会で学んだことが大いに役立った。 私は言葉ではたくさん喋らなかったが、ゲーム感覚でやり、体験プラス、コミュ…

続きを読む