中・四国盲ろう者大会

17日、18日、中・四国盲ろう者大会に出席する為、山口県萩市に貸し切りバスで出かけた。今回の大会出席者は盲ろう者、通訳介助者を含め、247名だった。 1年に1回の交流会、久し振りに会う他県の友達と触手話、指点字というコミュニケーション方法で、あちらこちらで話が盛り上がっていた。 こういう会があるお陰で、自分に与えられた障がいが自分だけで無いこと、仲間がいること、改めて頑…

続きを読む

メグは毎晩、ヤモリ、色々な種類のバッタ(結構大きい)をくわえて持って帰る。 間に合う時は急いで獲物を横取りし、外に逃がしてやるが、いくらでも捕まえて来る。朝、バッタの足と羽が散らばっている。 9日、関東からやって来た盲ろう人達、通訳介助者(そのうち、大学生9名)計14名と、島の観光を楽しんだ。島の盲ろう者は若い人達と触手話で会話を楽しんでいた。 障がいのある人達と…

続きを読む

助成金

9月に大和証券福祉財団から助成金の募集があったので点字同時通訳の時に使用するブリスタ(ドイツ製)という器具、3台分279000円を申請した。書類作りが面倒だったが、ブリスタは点字の同時通訳と共に、指点字の練習にもなり、サークルには必要な、欲しい器具だった。 締切りギリギリに提出したが、返事が12月1日に来た。 ポストの中に大きな封筒が入っており、中は紙切れ1枚だったので、 「ア…

続きを読む

交流会(2)

交流会2日目はうどん作りをした。船に乗って全盲ろうの若い女の子、介助の人、弱視難聴の人も加わり賑やかに作ることになった。 場所は社協の調理室。実は、きちんとしたうどん作りを知っている人は誰もいな~い スーパーでうどんの粉を買い、分量、作り方をみながらだ。そして、社協の事務局長が友達からソバ粉を調達してくださった。それこそ、だれも経験がな~い。 なんとかなるさ! 粉を練り、…

続きを読む

交流会(1)

20日、21日、22日、島の盲難聴の人のお友達で全盲ろうの女の人と、その通訳として視覚障がいの男の人が東京からやってきた。その人は40代で突然に全盲ろうになった人だ。島には何回か来られたことがあり(サークルの人達が出会ったのは2年前)今回、大阪で全国大会があり、そのついでに島に来られた。 島は観光地なので観光する場所はたくさんあるが、まだまだとても暑く、全く見えない、全く聞こえない人と…

続きを読む

中学1年生からのメッセージ

6月29日と7月7日計4時間、中学1年生の総合学習に出かけたが、今日、私が行ったコースの生徒達からの感想を担当の先生が持ってきて下さった。 今回は、「体験」することがテーマだったので、欲張った4時間にした。このカリキュラムを考えるのには、昨年、東京で受けた、盲ろう者向け通訳者研修会で学んだことが大いに役立った。 私は言葉ではたくさん喋らなかったが、ゲーム感覚でやり、体験プラス、コミュ…

続きを読む

友達なんだけど.....

昨日、ろう弱視のSさんの通訳のため船に乗り、Sさんが幼い時から通院している眼科に行った。T先生はSさんの目について心配してくださり、相談に乗ってくださる。しかし、私の通訳はかたちだけで、お互い、街の中を歩き、おいしいものを食べることが目的だ。 診察が終わり、昼食は2人共に初めてのインドの人が経営するカレーのお店に入った。初めてのお店は何となく不安。厨房の近くにいたため、インドのマスター、奥…

続きを読む