瀬戸内国際芸術祭(10)

画像


12日は島の中で気になっていた作品を見に行った。

怪物のような写真はビートたけし×ヤノベケンジの作品。

井戸から8メートルの怪物が不気味な音と共にユックリ出てくる。途中、口から水を吐き出し、何とも奇妙な感じだった。

昔は井戸が近所のコミュニケーションの場(井戸端会議)だったが、今はそういうコミュニケーションの場が無くなったこと、頭に斧が刺さっているが、それは、イソップ童話の金の斧をモチーフにイメージ(人間の欲望で大切な物を壊してしまった)。

インパクトは凄かった。

画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 大久保

    面白そうな作品ですねえ~。ヤノベケンジさんは、トリエンナーレの目玉作家ですよ。ビートたけしの絵画も展示されていました。
    2013年08月15日 21:00
  • kyoukotan1951

    大久保さん、何が井戸から出てくるのだろうとワクワクでした。何とも言えない唸り声と共にユックリと・・・・・。
    見ている者を圧倒するものがありました。
    2013年08月17日 19:37

この記事へのトラックバック